汗で起こる肌のかゆみを防ぐ方法
 

昔から、夏の暑さで汗をかくと
肌がかゆくなったり湿疹ができたりする、
という方、いらっしゃいますよね。

歳を取るにつれて
肌質が変わってきたり、
妊娠・出産してから
体質が変わって肌が弱くなった、
なんて方もいるかもしれません。

もれなく私も
汗で肌が荒れるタイプなのですが、
そもそも、どうして汗で
肌がかゆくなるのでしょうか?
 

どうしてかゆみが起こるの?

かゆみが起こる理由は主にふたつ。

まず、本来、肌は弱酸性なのですが、
汗はアルカリ性のため、
汗が肌につくことで
肌がアルカリ性にかたむきます。

それにより、
肌表面のバランスが崩れることが
理由のひとつ。

また、汗が体から蒸発するときに
水分が奪われること、
皮脂が流れて肌が乾燥してしまうことでも
かゆみや刺激が生じてしまうのです。
 

かゆみを防ぐ方法

汗をこまめにふき取る

汗をかいたらすぐに
ふき取るようにしましょう。

ふき取るときは、
こすらず押さえるように
吸い取るのがポイントです。

濡れタオルや濡れおしぼりを使うと、
冷やすことでかゆみも
収まりやすくなりますよ。

汗ふきシートを使うのもいいですが、
パウダーインタイプの
パウダーが刺激になったり、
肌をかいてしまった部分にしみたり、
肌が弱い方だと、シートの薬剤が
刺激になることがあるので、

敏感肌でも使えるような
自分にあったものを選んでくださいね。

また、締めつけすぎない服や
通気性のいい服を着て、
汗や熱がこもらないようにするのも
大事です。

保湿をしっかりする

湿度の高い時期や暑い夏などは特に、
つい保湿がおろそかになってしまいますが、
肌のバリア機能を回復させるために、
顔も体も、きちんと保湿をすることを
おすすめします。

汗でべたつくからといって
せっけんで洗いすぎても
必要以上に皮脂が落とされてしまうので、
洗いすぎにも気をつけましょう。

また、知らないうちに
エアコンや扇風機によって
肌の乾燥が進んでしまうので
注意が必要ですよ。

隠れ乾燥に注意!

汗をかくと、肌がしっとりしているように
感じてしまいますが、
実は乾燥していた!、ということもあります。

夏場の隠れ乾燥に気づかないでいると、
肌へのダメージが積み重なって
秋にガクンと肌が衰えてしまいます。

敏感肌の方は
特にダメージを受けやすいので、
たとえ暑い時期でも
気を抜かないで保湿をするようにしましょう。

お風呂上がりに、汗がひかないからといって
スキンケアをおざなりにするのはご法度です。
 

肌が敏感になっているときのケアには

薬品を使わない美容鍼灸は、
肌状態がよくないときでも
施術を受けることができます。

肌のダメージが気になるけれど
化粧品やマッサージなどのお手入れが
肌への刺激になってしまってできない、
という方は、
ぜひサロンへお越しくださいませ。



◆Cosmetic Muse◆

~外見が、内面が、美しい人になる~
あなた本来の美しさを手に入れたい女性のための美容鍼灸サロン


美容鍼灸サロン コスメティックミューズ
朝美活
美容コラム “大人の女の東京美容生活”
という3つのサービスで、
理想の美を手に入れたい女性を応援します。

◆所在地
東京都港区六本木7-18-5 ソフィア六本木311

◆最寄駅
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅 徒歩3分

◆営業時間
平日/12:00-21:00(最終受付/20:00)
土日祝日/11:00-19:00(最終受付/18:00)

◆定休日:不定休

◆ご予約はこちら
クービック予約システムから予約する

@cosmeのアカウントをお持ちの方は
こちらからのご予約がオトクです♪
ispot ネットで予約する

コース・料金
※強引な勧誘などはございませんのでご安心ください。

ご来店いただいたお客様のご感想


LINEではお得なクーポンなどを配信中!
お気軽にお友だち登録してください。

友だち追加


にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村