日焼け止めを塗っているのに、日焼けをする謎に迫る!

日焼け止めを塗っているのに、日焼けをする謎に迫る!
 

ちゃんと
日焼け止めを塗っているのに、
なぜか微妙に肌が黒くなっている…

そんな経験をしたことは
ありませんか?

その原因は
“皮脂ヤケ”かもしれません。
 

“皮脂ヤケ”とは、
皮脂の成分のひとつである
「遊離脂肪酸」が、肌の細胞の中で
炎症性物質を発生させることで、
メラニン産生を増加してしまい、

その結果、
日焼けしたときと同じように
肌のシミやくすみ、ごわつきなどが
起こってしまうもの。

おまけに、自ら美しくなろうとする力、
「セルフクリア機能」の
低下も招いてしまうんだそうです。

“皮脂ヤケ”の原因となる
「遊離脂肪酸」は、
特に外気温が高い時期は
皮脂全体に占める割合が
高まるといいますが、
夏の暑さがまさにそれでしたね。
 

そんな怖い“皮脂ヤケ”を発見したのは、
“糖化”対策などの
アンチエイジングケアに
定評のあるPOLA。

ポーラのコスメに頼って
皮脂ヤケを改善するのもいいですが、

夏のお疲れが取れないまま、

最近、急に冷えてきて、
冷えも乾燥も気になってきた!

というお悩みを、
まるっとまとめて回復させるなら、
コスメティック美容鍼灸。

シミ・シワ・たるみ、
あれにもこれにも効果があるので
すごくおすすめですよ。

一度にまとめて
アンチエイジングケアを
してしまいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
日焼け止めを塗っているのに、日焼けをする謎に迫る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る