お疲れ肌や敏感肌向けの日焼け止めの選び方
 

夏以外はUVケアをしなくても大丈夫。

そんな風に思っている方も時々いらっしゃるのですが、紫外線は一年中降り注いでいるのでどの季節でも油断は禁物。
今のような日差しが強い夏はもちろん、太陽の位置が低く、部屋の奥まで紫外線が届いてしまう秋や冬も注意が必要です。
 

日焼け止めの選び方

さて、そんな日焼け止め、あなたは何を基準に選んでいますか?

おそらく大多数の方が、SPF(UVBを防ぐ効果)と、PA(UVAを防ぐ効果)の高さで選んでいるのではないかと思います。

参考記事
→ 日差しにあたってからシミができるまでの時間は○分!
→ 紫外線を防止しないとこうなります!

しかし、お肌のためにはもうひとつ、どんな紫外線防止剤を使っているか?ということも、チェックすべきポイントです。
 

紫外線防止剤の種類

紫外線防止剤には、紫外線を吸収してそれを熱エネルギーに変えて放出する紫外線吸収剤と、紫外線を反射して肌に紫外線が当たるのを防ぐ紫外線散乱剤の2種類があります。
 

紫外線吸収剤のメリット・デメリット

メリット
◎白くなりにくい
◎伸びが良い
◎SPF・PA値が高い

デメリット
◎肌が乾燥する
◎敏感肌には刺激が強い
 

紫外線散乱剤のメリット・デメリット

メリット
◎乾燥しにくい
◎刺激になりにくい

デメリット
◎白浮きしやすい
◎SPF・PA値が低いものが多い
 

敏感肌はどちらを選ぶか悩むところ

敏感肌の方や肌がゆらぎやすい方は、紫外線散乱剤を選んだほうがいいのは見てのとおりなのですが、白浮きしやすいという点が悩ましいところ。
私の体感でも白浮きしやすい感じがしますし、オールインワンゲルのようなモロモロ(消しゴムのカスのようなもの)が出やすいコスメと相性が悪いとも感じます。

しかし、平日会社に行く程度の紫外線量であれば、SPF30程度でも十分なので、本来の紫外線防止効果については問題ありません。
多少不安がある人なら、敏感肌向けのUVケアもできるルースパウダーなどでお直しをすれば、ランチのときの紫外線も気にならないと思います。

使用感の好みと、今使っているコスメとの相性の問題も重要かなという気がしますので、サンプルでお試ししてみて選ぶといいかもしれませんね。
 

両方買って使い分けるのもあり

ちなみに敏感肌の私は、吸収剤と散乱剤、両方の日焼け止めを持っています。
乾燥する秋冬と花粉が飛ぶ春先は、やはり肌に優しい紫外線散乱剤の出番が多いです。
気がつけば、夏以外は散乱剤の日焼け止めを使っているような・・・

と、いう感じで、その日の肌状態で使い分ける、なんて使い方でもいいのではないでしょうか?
自分の肌と相性の良い日焼け止めを探してみてくださいね。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸体験講座・お灸のワークショップ

WEBメディア掲載コラム

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村