洗濯物の生乾きのニオイ対策に『オキシクリーン』

オキシクリーン

 

梅雨が明けたから洗濯物が乾きやすくなるだろう、と思いきや、湿度が高すぎて相変わらずカラリと乾いてくれない毎日。

うちのマンションはベランダに洗濯物が干せないので、どうやら夏は室内干しによる生乾きとの戦いを繰り広げなくてはならないようです。(昨年冬に引っ越しをしたので、夏を迎えるのは初めて。)

 

といいつつも、オキシクリーンを使ったらあっさりと勝利できました。

洗濯のときに、洗剤と一緒にオキシクリーンを入れるだけで、タオルの生乾きのニオイがかなり軽減されるように!

 

今まで、

浴室乾燥機で乾かす
 ↓
と同時に、24時間換気によって湿度の高い外の空気が取り込まれる
 ↓
乾燥機が止まると微妙に湿っぽくなる
 ↓
生乾きのニオイ発生

 

という困ったことになっていたのですが、オキシクリーンのおかげで生乾きのニオイからやっと解放されました。

もっとも、大量の洗濯物を干したり、配置などを何も考えずに干してしまうと生乾きになることに変わりはないので、何もしなくてもいいということではないのですが、あるとないとではかなり違います。

 

本には掃除や洗濯などオキシクリーンの使い方がたくさん書かれているので、いろいろ試してみたら家がすごく綺麗になりそう。

最近は年末に大掃除をするのをやめたので(寒いときにわざわざ掃除をするのもなぁ…と)、秋口あたりの大掃除で使ってみようと思います。

 

オキシクリーンEX2270g (原産国アメリカ) 酸素系漂白剤 粉末タイプ 詰替え不要の専用プラ容器 お手頃サイズ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
オキシクリーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る