人生を豊かにするために、女はメイクで「3つの顔」を持て

すべてを手に入れた女には3つの顔がある

 

最近メイクがマンネリ化しつつあるので、それを解消するために買った本。

『すべてを手に入れた女には3つの顔がある』

 

◇キャリア、愛も美貌も。狙ったものはすべて手に入れる女の秘密は「3つの顔を使い分ける」こと

◇少女、母性、小悪魔。この3つの顔をマスターすれば人生がうまく回りだす

ということで、この「少女顔」「母性顔」「小悪魔顔」の3つのメイクの作り方が説明されています。

 

メイク本なので、読むというより見るという感じなのですが、

◇何もしないこと=シンプルじゃない。地味との境界線は芯があるかどうか

◇ただの“作業”では魔法はかけられない。良き妄想を膨らませてメイクしよう

◇いつもと違うメイクが見慣れなくても大丈夫。新しい顔には30分で慣れる

など、読み物部分でもメイクに対するモチベーションがフツフツと上がります。

 

第5章では、ちょっと厳しめな、

◇何よりも捨てるべきは、若さへのしがみつきと、過ぎ去った時代への執着

◇ケミカルでフェイクな顔にならないよう、まつ毛エクステやカラコンも卒業を

◇ティーンや20代前半ならいざ知らず、大人になったら芯を養うこと

と、人によっては耳が痛いお言葉も。

 

個人的に「これはすぐに取り入れたい!」と思ったのは、「眉を描く前のTHE下準備」に書いてあった4工程。

横顔の眉のことなんて考えたこともなかったので、明日からさっそく実践しようと思います。

 

ついでに、美容のモチベーションだけでなく物欲まで上がってしまい、母性顔メイクで使われていた深みのある赤リップを買ってしまいました。

購買モチベーションまでアップしてしまうのは、美容本のいいところでもあり、悪いところでもありますね。

 

すべてを手に入れた女には3つの顔がある: 愛・名声・美貌・・・女の人生攻略メイク術 (実用単行本)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
すべてを手に入れた女には3つの顔がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る