毎日のスキンケアで老化が進むってホント?
 

老化の5大原因は、

1.酸化
2.糖化
3.炎症
4.ホルモン分泌低下
5.UV

の5つなのですが、

本日はこの中の炎症について。
 

炎症とは
体が傷害を受けたときに
起こす反応で、
腫れ、赤み、熱、痛みの症状などが
起こることです。

この症状が出るのであれば、
全身どこでも炎症、
といえるのですが、
今回は肌に限っての話をします。
肌で起こる炎症の原因は、
肌のこすりすぎのような
物理刺激であることが多いです。

ふき取りクレンジングでゴシゴシこする、
ゴシゴシ顔を洗う、
ローションをコットンで
パタパタたたいてつける、
強いマッサージでグイグイこする、

など、心当たりはある方も
いるのではないでしょうか?

また、あわない化粧品を使って
肌にしみたり、
日焼けで赤くなるものも炎症です。
 

このようなスキンケアを
毎日しているということは、
毎日慢性的な炎症が起きている、
ということになります。

誤ったお手入れ方法は、
肌荒れや、シミ・シワができる
原因にもなりますし、

炎症が起こると、
活性酸素が発生してしまうので、
活性酸素によって
老化も進んでしまうんです。

毎日のスキンケアが
ちょっと雑だったかも、という方は
お手入れ方法を
見直してみてくださいね。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で