人望が集まる人の考え方

 

「なぜ、彼女の方が人気があるのか?」

というタイトルに見えますが、実は、

『人望が集まる人の考え方』

の方がタイトルです、この本。

 

◇大勢の人が人間関係で苦労しているのは、人間の習性をよく理解していないからだ

ということで、人間の習性を詳しく説明し、人間関係をよくするための具体的な応用の仕方を紹介してくれています。

 

◇自己中心的な人は、自尊心が高すぎるのではなく低すぎることがわかった

◇世界中の人々が最も飢えているもののひとつは、自分の重要感である

◇人間が論理の生き物というより感情の生き物だと気づけば、人間関係の技術は飛躍的に向上する

◇多くの人は他人にどう思われるかを絶えず心配しているが、自分が他人にどう思われるかは、自分の自己評価によるところが大きい

◇私たちは何かを裁くたびに、自分を裁くきっかけを他人に与えてしまう

◇相手をあるがままに受け入れて好きになる人こそが、相手の行動を改善するだけの影響力を持つ

など、ふわっとした感じではなく理論整然と説明されていて、ものすごい納得感。

それはもう、チェックしたいところが多すぎて付箋がなくなるほど。笑

 

一番最初の自己中心的な人の自尊心の話は、高いものだとばかり思っていたので目からウロコでした。

でも、思い返してみるとたしかに、低い自尊心を守るために、他人を下げることで相対的に自分を上にしようとしたり、他人に自尊心を壊される前に壊す!と言わんばかりに人を攻撃したり、自己中心的な人ってそういうところがあるなぁと腑に落ちます。

 

どこをとってもこんな風に、「なるほど!」と、うならされる本でした。

 

最後に、最も「これ!」と思ったことをひとつ。

心の平和を得てより幸福な人生を送るのに役立つシンプルなルールは、

「他人のあら探しをやめること」

だそうです。…わかる!

 

人望が集まる人の考え方

人望が集まる人の考え方 プレミアムカバー なぜ、彼女のほうが人気があるのか?

↑ プレミアムカバーの方が表紙がかわいいですね。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で