リアルって、実はゲームと考え方は同じ!『勇者に学ぶ 難題に立ち向かう「戦略思考」』

勇者に学ぶ 難題に立ち向かう「戦略思考」

 

よくある○○術とか○○戦略とかって、抽象的すぎたり、あたりまえすぎたりで、参考にならないことってありません?

ある問題が生じたときに、どんな仮説を立てて、どう行動して、いつどんな理由でどんな軌道修正をしたのかっていう、デキる人の脳内で起こる一連の流れを知りたいんですけど!

という、一番知りたい部分が書かれている本がこちら。

『勇者に学ぶ 難題に立ち向かう「戦略思考」 才能よりも努力よりも問題解決に必要なこと』

 

仕事やプライベートで起こるさまざまな問題を解決するための考え方を、「ゲームマップ」というツールに落とし込んで説明しています。

ゲームを楽しみながらクリアするかのごとく、楽しみながら問題を解決するための方法、なので表現がすごくわかりやすく、本の説明を読みつつ巻末のゲ―ムマップに書き込みをしていけば、どういう風に戦略をつくっていけばいいのか自然に流れをつかめます。

戦略を考えるのが苦手な人には、このゲームマップ、すごくおすすめです。

 

リアルの仕事で、

「今回は脳筋プレイ(直談判)じゃ無理だから、賢者(えらい人)に口添えしてもらおう」

という考えが思いつかなくて、直談判して撃沈するような人に読んでもらいたい!

それに対する対処法って、君が思いついたひとつの手段だけじゃないんだよ、ということに、自分で気づけるようになれると思うので。

 

また、いろいろ考えたり行動してみたものの、うまくいかない・どうすればいいかわからない、と行きづまったときの考え方も書かれているので、「あ、私今この視点が抜けてた」とハッと気づくこともできます。

 

これ、何人かで集まって考えるようにしたら、いろんな意見が出てきて使い方がより身につきそう。

下手な社員研修をやるよりも、これを使って研修をした方が普段の仕事でよっぽど役に立つんじゃないかと思います。

 

余談ですが、この本、電子書籍ではもくじの大項目の色が変わるという遊び心もあって、とことんゲームっぽいつくりです。

これは電子書籍ならではの楽しさ!

もっとこういう本が増えてくれると面白いんだけどなー。

 

勇者に学ぶ 難題に立ち向かう「戦略思考」――才能よりも努力よりも問題解決に必要なこと

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
勇者に学ぶ 難題に立ち向かう「戦略思考」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る