実は社員よりも社長の方が怖がっているのかもしれない

 

以前、ある社長さんがこんなことを言っていました。

「新しい企画に対する、お客様の反応が怖い」

これを聞いたとき、まさか社長という立場の人が不安になるなんて!とびっくりしつつも、「わかる!」と思ってしまいました。

 

規模は違えど、私も以前、何の後ろ盾もない状態でサロンを経営していた身。

どこかのお店で修行をしていたわけでもなく、そこのお客様を連れて独立というわけでもない、人脈も完全にゼロの状態からのスタートなので、 

・集客の効果が出ない

・予約が入らない

・やってもやってもうちのサロン全然知られてない 泣 

と、何をどうすればうまくいくのかわからない、まさに未知との遭遇状態だったため、不安を感じることもしばしばありました。

 

これって、よく考えたら会社の社長も同じで、

「新規事業は本当にうまくいくんだろうか?」

とか、ある意味社内で一番不安になっている人なのではないかな?と思います。

 

でも、社員からしてみたら、まさか会社の決めたことが失敗するなんて夢にも思っていないわけで。(そんなわけないのに)

だから、絶対成功させなければ!と思って仕事に取り組む人なんてごくごく少数で、大多数が言われたから適当にやる、というスタンスなのではないでしょうか。

 

私も、おそらくサロン経営をしていなければ、社長さんが「怖い」と言っている意味が一生わからなかったでしょう。

会社に言われたことをやっていれば安泰だなんて、実はそんな保証はどこにもなかった。

それに気づけただけでも、自分で仕事をしてよかったな、と思います。

 

どっしり構えているように見えるあなたの上司も、もしかしたら内心びくびくしているのかもしれませんよ。

それがわかると、たとえボスがどんな人であっても、「普段それだけのストレスにさらされているのだから、まぁいろいろと我慢してあげましょう」という広い心を持てる…といいんですけど。笑

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る