言葉のチョイスで印象は激変する

 

下のふたつの文章、同じことを言っているんですが、どちらが印象がいいでしょう?

◎ 今週中にご連絡いただければ対応できます

◎ 今週中にご連絡いただかなければ対応できません

 

メールや電話など、なんにでも共通する話ですが、特にメールに関しては見えている文字だけで読み手が想像してしまうので、同じことを言っていても、否定的な言い回しだと怖い印象・悪い印象を与えてしまいがち。

普段あまりやり取りをしない相手や、上下関係にある相手だと、余計に「怖い」と思われてしまいますので、相手の目線で見てイヤな感じがしないか、メールを送る前にちょっと見直してみてはいかがでしょう?

(そういう理由から、「ビジネスメールも顔文字OKな空気になればいいのに」と思っているのは私だけではないはず。)

 

なぜか人からあまりいい印象を持たれていない気がする、という方は、もしかしたら無意識に否定的な言葉を使っているのかもしれません。 

そして、そういう人はたいてい、「いい印象を持たれていない気がするけど、自分は否定的な言葉なんて使っていない」と思っているケーズが多いので、自分は違うと思った人ほど、実際に普段使っている言葉を、発した直後に振り返ってみてください。

 

と、こんな風に私がブログで毒づくと、否定語を使っていてもいなくても、「怖い」とか「口が悪い」などと言われたりするのですが、誰かに個人的な恨みがあって書いているわけではなく、実は腹の内でみんなが思っているんじゃないか?ということを書いているだけなので、

それを読んでいてモヤモヤした気持ちを抱く人は、

◎認めたくないけど実は思い当たるフシがある(図星をつかれた)

◎自分の哲学や美意識的にどうしても同意できない意見だ

のどちらかかもね?

と、また怖がられることを書いてしまう私はやっぱり怖いのかもしれない。笑

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で