フィリップス・コレクション展

 

いまさらな話なのですが、11月末に、三菱一号館美術館で行われた「MOFナイト」というイベントに行ってきました。

フィリップス・コレクション展×トークイベント×音楽イベントという充実の内容なのに3,500円という、三菱一号館美術館、太っ腹すぎ!なイベントです。

 

トークイベントで、山口周さん(『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか』 の著者の方)のお話を聞いて、

「(アートがよくわからないからこそ)もっとたくさん鑑賞する機会を増やそう」

と思いました。審美眼を鍛えたい!

また、「美術に興味がある人って、何度も同じ展示を観に行くんだなぁ」という事実にもびっくり。

ちなみに、三菱一号館美術館にはサポーター制度というのがあって、年会費を払うと何度でも入場可能になるそうなので、2019年はこれに入会して鑑賞に行こうかと検討中。

それでも、2018年は個人的には美術館デビューの年で、四半期に1回ペースで見に行っていたので、今までに比べたら上出来かと。

 

そんなトークイベントの後に鑑賞したフィリップス・コレクション展の感想はというと、

◎奥様と2人で集めたとは思えないほど、バリエーションに富んだコレクション!

◎やっぱりピカソはよくわからない

◎モネのヴァル=サン=ニコラ、ディエップ近傍(朝)は、実物はすごく綺麗だったけど、ポストカードになるとなんかイマイチ

◎アンリ・ルソーのノートル・ダムを気に入ったのに、ポストカードを買うのを忘れた

◎音声ガイドにイケボ声優を起用するの最高!しかも設定が執事だなんて最高!

 

…うん、私の審美眼のなさが露呈されるしょうもない感想ばかりなので、引き続き2019年も定期的な美術館通いに努めようと思います。

 

フィリップス・コレクション展
フィリップス・コレクション展
フィリップス・コレクション展

 

それにしても、MOFナイトのようなイベントはお得だし非常に有意義なので、次回もぜひ参加したい!

今後もあるらしいので、期待しています。

 

そして、MOFナイトの読み方が「もふナイト」だったことにこっそり萌えました。笑

 

三菱一号館美術館

フィリップス・コレクション展(2019年2月11日まで)

 

MOFナイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で