真に戦うべきは「アホと戦う」なんてアホなこと考えてしまう自分のみ!『頭に来てもアホとは戦うな!』

頭に来てもアホとは戦うな!

戦うどころか、こういう方々とは関わり合いになりたくないのですが、仕事でどうしてもその人を外せない場合って、どうすればいいんでしょうね?

ということの回答が欲しくて読んでみた本。

『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』

むやみやたらと自分の足を引っ張ってくるアホ、と聞けば、どなた様も誰かしらの顔がよぎるのでは?

冒頭からアホ、アホと連発し、だいぶ飛ばしているので、その時点でなかなか面白い本なのですが、アホをこき下ろすことが目的ではなく、そんなアホと戦うことは人生において無駄、ということで、アホと戦わない方法やアホへの対処法が書かれています。

◎消えない怒りの解きほぐし方
◎仕事に敵という発想はいらない
◎気まずい時こそ無理にでも話しかける
◎困っていなくても困った顔をせよ
◎皮肉なものの見方を鍛えよ

などのアホ対策と、同時に、

戦うべきなのは「アホと戦う」なんてアホなこと考えてしまう自分のみ

という、おっしゃるとおりな考えのもと、

◎ネットを見る暇があったら自分と向き合え
◎デキる人間に囲まれた環境に飛び込め!
◎リスクだらけの人生をどう生きるか

など、自分自身の在り方についても触れています。

「おわりに」の、

やられたらやり返すのではなく、やられたら、やった人を気持ちよくさせて自分のために使い倒すのだ。それが本当の倍返しだと思う。

というのは、まさにそのとおりで、それを一番狙っていきたいところですよね。

ちなみに、私が今いちばん知りたいアホ関連のスキルは、自分の感情だけを判断基準にするアホにどうやってうまく動いてもらうか、ということでして…

どう考えてもやったほうがいい仕事を、「嫌い」「やりたくない」「なんかイヤ」「気が向かない」という100%感情のみで、やらないと判断する人達をなんとかする方法はないでしょうか?

そんな本があればぜひ読んでみたいものです。

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
頭に来てもアホとは戦うな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る