ブスのマーケティング戦略

 

今月引っ越しをしたので、これ以上ものを増やさないようにしようと思っていたのに、引っ越し前に買ってしまった本、『ブスのマーケティング戦略』

 好みのタイプすぎるタイトルと、オビの「入山章栄氏推薦」の文字が視界に入り、買ってしまい読んでしまい、面白すぎて荷造りなんてまったく進みませんでした。

 

タイトルを見ると、経営学の本?と思ってしまいそうですが、そうなんですけどそうじゃなくて(どっちだ!?)、著者の田村さんが今までの人生でやってきた「ブスが幸せな結婚と経済的自立をするための戦略」が書かれています。 

その戦略が、結果的にマーケティングの論法にのっとったものだったため、マーケティングの汎用性の高さと、戦略を考えて行動することの重要さを痛感せざるを得ません。

 

たとえば、マーケティングでいうところの「プロダクト解析」も、

自分を「商品」だと認識し、「見た目価値」を査定する

そのための5つの指標は、

◎見た目
◎経済力(仕事)
◎学歴
◎居心地(人柄)
◎相性(個性)

だそう。

これを100点の棒グラフで表して、武器として何を装備していくか考える、と。 

こういった「ブスの作業」が33個書かれています。

 

また、作業はもちろんのこと、実際にどんな戦略を立てて行動していたか、という部分もものすごく参考になります。

第5章の「100回の合コンで学ぶ」に至っては、本にも書いてありますが、合コンに限らず、どんな人付き合いやコミュニケーションにおいても役に立ちそうな内容です。

合コンでのPDCAの回し方なんて、他のことでもいくらでも応用が利きそう!

 

主にブスに向けて書かれた本ですが、後ろの方にはちゃんと経年劣化した「美人のための作業」のページもあるので、ブスのみならず美人も参考にできる本だと思います。(しなくてもいいかもしれませんが。)

 

「とにかく行動してほしい!」と随所に書かれているので、まずは「なぜ自分という商品を買いたくないのか」という、自分の「見た目の価値」を書きだしていくというブスの作業をするうちに…無言になりました…

心を折りながら作業を進めていこうと思います…

 

ブスのマーケティング戦略

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で