新・生産性立国論
 

小難しい経済の本かと思いきや、かなり過激な物言いで、「大丈夫なの!?」と、読んでいるこちらが面白がりながらも心配になってくる本。
(でも嫌いじゃない。むしろ好き 笑)

『新・生産性立国論 人口減少で「経済の常識」が根本から変わった』
 

デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論


感覚的なことではなく、とことん数字やデータの分析をもとに話が展開されているので、私がよく読んでいる類の本とは一味も二味も違った視点で面白いです。
 

日本人は「生産性」と「効率性」を混同しています。
たとえば、誰も求めていない商品を「効率よく」つくることは可能です。
しかし、売れない以上、「生産性」はゼロです。
生産性のないもののことを、「無駄」と呼ぶのです。

 

この部分だけでも、言われてみれば当然なのに、「私もこの違い、きちんと意識していなかったかも」と反省しきりです。
 

人口減少に伴って、優秀な人材は生産性の高い企業に移っていくので、生産性の低い企業は減っていくし、減らしていかなくてはならない、とも書かれていますが、会社で採用の仕事に携わっていると、「この動きって、すでに始まってるよ」というのがわかります。
今、就職活動をしている学生さんなんて、今の時点でかなり内々定をもらえているみたいですし。

どこの会社も人材確保に必死で、あの手この手を尽くしているんでしょう。
採用基準のハードルも下げてるんじゃないかな、と。
新卒だけでなく、中途採用もかなり売り手市場なので、仕事はかなり探しやすくなっていると思います。
 

そんな風に、今後人が少なくなっていく中で生産性を上げるために、
「より少ない人数でより多くの付加価値を生み出す」ことが重要
と、企業がやるべきこととして書かれています。
自分ごとに置き換えて、「より少ない労力でより多くの付加価値を生み出す」ことを考えないとなぁと思わされました。
 

本の中のいたるところで、日本の経営者がかなり激しくディスられているので、そういう立場の人がこの本を読んだときの感想を、ちょっと聞いてみたいかも。笑
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸ワークショップ

WEBメディア掲載コラム