目標を達成するための「やるべき7つの順番」とは?『QUEST 結果を勝ち取る力』

QUEST 結果を勝ち取る力
 

ゲーム好きな私は、この「ゲーマーホイホイ」というか「RPG好きホイホイ」ような表紙につられて買ってしまいました。

『QUEST 結果を勝ち取る力』
 

QUEST 結果を勝ち取る力 (Sanctuary books)


オビもそれっぽくてずるいですよね、この本。
ちなみに中身もこんな雰囲気です。
 

といっても、書かれている内容はゲームの話ではなくて。

「今日はこれをやろう!」と思っていても、上司からはこんな指示がきて、お客様にはこんなことを頼まれ、調べ物をするつもりがネットサーフィンで時間をつぶしてしまったり、隣の席の人と雑談をしていたら、やろうと思っていたことが、今日もまったくできなかった。

という日々から脱出するためにはどうすればいいか?
「やらなきゃ」「やろう」と思っていることを「クエスト」と称して、そのクエストをすすめていくための仕事術が書かれています。
 

◎「今日のあらすじ」を書く

◎「しめきり」ではなく、比較的コントロールしやすい“次にやること”を管理する

◎自分の「いいとき」を定義づける

◎勝てる自分を演出する

◎そもそも「行動を起こすつもりがあるか」を見直す

など、流されるままにやらなきゃいけないことをやるのではなく、今やるべきことに集中する「意思」を磨きたいという方は、読みやすいのでパラパラ見てみるといいかもしれません。
 

中でも、特にその通りと思ったのが、

どんな目標を持ち、どんな「やろう」「やらなきゃ」を優先して行動に移していくべきか?
それは、

健康→感情→人間関係→時間管理→仕事(家庭)→財政→社会貢献

この7つの順番だそう。

これ、自分の生活を省みても、わかる!と思わされる部分です。
 

こういう本でわりと共通しているのは、「それをやるための準備」に、けっこう時間をとっているんだな、ということ。
この本でも、1日1回のやることの見直しに30分、週に1回の見直しに1時間かけていると書かれていました。
このくらい時間をとらないと、行き当たりばったりになるってことなんでしょうね。

いきなり全部を取り入れるのはハードルが高い部分もあるので、まずは「しめきりではなく、次にやることを管理する」から意識してみようと思います。

締切に追われるの、本当に苦手なんですよね。
期日を確実に守るタイプであるがゆえに、「やらなきゃ、やらなきゃ」っていつも頭の片隅にちらつくプレッシャーが…

そのあたりも、この本を参考にしてうまく工夫できたらいいなと思っています。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
QUEST 結果を勝ち取る力

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る