結婚式やイベント前、美容鍼灸を受けるのに一番いいタイミングはいつ?
 

6月に美容鍼の施術を受けてくださるお客様に多いのが、「結婚式があるから受けておこうと思って」という理由。

ご自身の結婚式の場合もあれば、家族や友人の結婚式に参加するので、という方などがいらっしゃいますが、ほとんどの方が「明日、もしくはあさって結婚式なんです」とおっしゃいます。

この、イベント直前に美容鍼を受ける、ということ。
美容鍼灸師としては、実はあまりおすすめできません。
 

美容鍼にもデメリットがあります

結婚式に限らず、成人式や同級会、デートなど、みなさまいろいろな理由で美容鍼を受けられますが、イベント前にキレイになっておきたいという方は、直前の美容鍼はやめておいた方がいい場合もあります。

それは、内出血ができる可能性があるから。

美容鍼を受ける方の中で、一部の方は、鍼を打った部分からぷつっと出血する場合があります。
さらにその中のごく少数の方は、まれに、出血があった部分が内出血になることがあります。

美容鍼でできる内出血は、膝をぶつけたときの青あざと同じ原理でできるもの。
そのため、何日かすれば必ず消えてなくなりますが、消えるまでに、短い方で2~3日、長い方だと1週間~10日程度かかります。

ということは、「明日、結婚式なんです」という方の場合、一番キレイでいたい結婚式当日に、お顔に内出血の青あざができてしまう可能性があるのです。

せっかくキレイになるために受けたのに、当日に顔にあざがあるなんて悲しすぎます…

そんな理由で、美容鍼灸師的にも、
「ご本人のためを思うと、お断りした方がいいのかも。でも、美容鍼って即効性を感じやすいからおすすめもしたいし、うーん…」
と、非常に悩むところなのです。

では、いつ受けるのがいいのかというと…
 

美容鍼を受けるのに一番いいタイミングは?

美容鍼を受けるのにちょうどいいタイミングは、イベントの1週間前ごろ。

はじめて美容鍼を受ける方は、平均で1週間程度、お顔の変化の持続を感じたという方が多いので、そのくらいのタイミングで受けていただければ効果は感じられますし、もし仮に内出血ができたとしても、イベント時にはすでに消えてなくなっていたり、メイクで隠せてしまう程度にごく薄く残っているくらいだと思われますので、イベントにも支障はないと思います。

さらに万全を期すなら、一番いいのは、1~2ヶ月前から、1~2週間に1回、定期的に何度か受けていただくこと。

その時期から受けていただければ、お顔のコリが強いせいで内出血ができやすい方は、イベントに近づくにつれ、コリがゆるんで内出血ができにくくなり、巡りが悪くて内出血ができやすい方も、リンパや血の巡りが改善されて内出血ができにくくなります。

また、出血も内出血もなかったという方も、何度か続けていただくことで効果のもちが良くなるので、イベント当日をよりいい状態で迎えることができますよ。
 

結婚式やイベント前、美容鍼灸を受けるのに一番いいタイミングはいつ?
 

唯一、「直前でも問題ないでしょう」と言える方がいるとすれば、それは、定期的に美容鍼を受けていて、今まで内出血になったことがない、とわかっている方。
そういう方なら、「内出血のリスクはない」とご本人もご存じなので、不安なく受けていただけると思います。

とはいえ、花嫁さんは、結婚式の準備に追われて、いつも以上に疲れとストレスが溜まっていて体調がすぐれない場合もあるので、油断は禁物です。
いつもはなんともない方も、いつもと違う反応が出ないとは限りませんので、ご自身の体調やお肌の状態を考慮してくださいね。
 

施術の効果のもちがよくなると、2週間くらいいい状態が続く、というのが当たり前になってきますので、ちょっと早めに2ヶ月前くらいから受けていただくのがおすすめです。

結婚式のやることリストに、美容鍼を加えてみてはいかがでしょう?
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸ワークショップ

WEBメディア掲載コラム

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村