これからの生き方は、働きたい人の「攻め方」と、働きたくない人の「守り方」をバランスよく

働き方 完全無双
 

ひろゆきさんの本や発信内容を見ていると、
「この方の意見って、賛否両論あるんだろうなぁ」
という気がするのですが、私はおおむね賛成派です。

『働き方 完全無双』
 

働き方 完全無双


ビジネス書って、「成功するため、よりよく生きるために、いかに自分を高めていくか」みたいなものが多いですが、それだけじゃないのがこの方。

この本でも、働きたい人の「攻め方」と、働きたくない人の「守り方」について書かれています。

もっとも、どちらか片方だけということではなくて、これを個人の中で同居させれば「完全無双」状態が完成するので、そんな働き方を目指しましょう、という話なのですが。

どちらも認めているうえで、両方のやり方について言及してくれているところがいいなぁと思うのですが、しかし。
その守り方の中のひとつが……生活保護とか休職とか失業保険など、世間体やモラルを気にする方にとっては、あまり受け入れられないものだったりします。
 

派遣社員や個人事業主ばかりを経験してきた私としては、
「制度があるなら使えばいいのに。使いながら次に向けて準備すればいいのに」
と、ひろゆきさんと同意見なのですが、実際はなかなかそうはいかないでしょうね。

「もっと働きたい、社会に貢献したい」という人も、「働かずに毎日家でゲームをしていたい」という私のような人も、参考になる部分があると思います。

ずっと家でゲームをする生活なんて、最低限の生活費だけで生きていけると思うので、もしベーシックインカムが導入されようものなら、私は本当に働かなくなってしまうかも(笑)
そうはいっても、一応貢献したいという気もあるので、ちゃんと考えますけど。

あぁ、趣味(ゲーム)と仕事の両立って大変。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
働き方 完全無双

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る