世間体から自由になったのか、それともこれを「おばさん化」というのか

バンヤードストーム
 

昔から、パーカーとかデニムとかスニーカーとか、ラフな服が大好きで、ミリタリー系のアイテムも好物だし、色もついついカーキを選んでしまうという、筋金入りのカジュアル好きです。

そうはいっても、そんな服は会社勤めだと着られるときが限られてくるので、あまり買うこともできず、「大人なんだから、おとなしく普通の服にしよう」と思っていました。

しかし、その反動か、ここ最近、
「もうどうだっていいよね?好きなもの着ない?」
と開き直ってしまい、バンヤードストームで、「会社には微妙」というカーキのロングスカートや、筋肉質な私の足をもきれいに見せてくれる絶妙な形のデニムを買って、かなりご満悦です。

そのときもらったカタログにも、好みのものが山ほど載っていて、次は何を買おうか妄想して楽しんでいます。
 

あまりにもルーズすぎるものでなければいいや、と、会社にもカジュアルな服で行っているのですが、はたしてこれは、

いい意味で、世間体や人の目を気にしなくなり、自由になれたのか

それとも、おばさんと化して図々しくなっただけなのか

答えはあえて考えないようにしています(笑)
 

でも、本当の老化というのは、新しいもの・ことに興味を示さなくなることや、現状維持をよしとすること、自分の今の状態が世界のすべてで、それ以外の選択肢はない、と思考停止してしまうことなのではないでしょうか。

そうなると、私の考えていることややっていることに、それなりに変化があるということは、まだ精神的には歳をとっていないのかな?、と思いたい今日このごろです。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
バンヤードストーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る