お金2.0
 

いつも「お金がない」と言っている人こそ、読んでみて欲しい本。

『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』

どうやって今あるお金を増やしていくか・守っていくか、という内容、ではなくて、

「お金とはなんぞや?」
「これからお金というものの価値は、どんな風に変わっていくのか?」

ということが書かれています。
 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)


子供のころから、親に「うちはお金がない」と、洗脳……もとい、言い続けられてきて、
「お金っていうのは、人生のすべてだ!」
ぐらいに思っていた私も、会社に勤めて、そして自分で事業(サロン経営)を起こす立場にもなってみて、お金に対する考え方がだいぶ変わりました。

お金というのは、ものやサービスの価値・ものやサービスに対する評価を数字で表したものなので、その数字の大小だけしか見ないで、「もっと安く!」と言ってしまうのは、ちょっと考えが浅かったな、と。
 

たとえば、同じサービスを提供している、駅から徒歩1分のお店と、駅から車で30分のお店。

利便性という価値によって、支払う金額が変わるのは別におかしくないことなのに、徒歩1分のお店に対して、「車で30分の店と同じものを提供しているんだから、もっと安くして」という人はけっこう多いのです。

こんな直接的な言い方ではなく、
「もっと安かったらいいのに……(ほかの「数字」と比較すると、こっちのほうが大きいからイヤ)」
という言い方で。

しかも、自分が価値ではなく数字だけで比較をしていることにも気づかぬままに。
 

目に見えない「価値」という基準で物事を見て判断することができず、目に見える「お金」という数字でしか判断ができないという、「お金」というものにとらわれた状態。

かつての私もそうですが、おそらく、お金という名の数字でしか価値を判断できない人ほど、
「えっ!お金ってこういうものだったの?」
「こういう考え方があるの?」
とびっくりする本ですので、ぜひ読んでみてください。

また、これからの時代を生きていくにあたって、

「お金のために働くのではなく、(自分の)価値を上げるため働く」

ことが必要、とも書かれていて、耳が痛いとか、そういう面倒な話は聞きたくない、という人もいそうですが、近い将来避けて通れない道になりそうなので、今のうちに知っておいて、己の身の振り方を考えておいたほうがいいんじゃないかな、と思います。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸ワークショップ

WEBメディア掲載コラム

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村