冬の角質ケアには○○の改善が大事!肌のくすみ・ごわつきの原因、角質を溜めない方法

冬の角質ケアには○○の改善が大事!肌のくすみ・ごわつきの原因、角質を溜めない方法
 

最近肌を触るとゴワっとしていて、触り心地がイマイチ・・・なんて方はいませんか?
化粧水の浸透がいつもよりよくない、とか。

それは、お肌に余分な角質がたまっているからかもしれません。

じゃあ、その余分な角質を取り除かなきゃ!
と焦った方は、たまった余分な角質のケア方法を書いている、こちらのコラムをご覧ください。

⇒ 夏の終わりのゴワゴワ肌を解消するための角質ケア方法はコレ!

リンク先のコラムにすべて書いているので、本日のコラムはこれにて終了、と言ってしまってもいいのですが、せっかくなので、リンク先とは反対の、冬だからこそのゴワゴワ肌のケアについて書いてみようと思います。
 

そもそも「角質」ってなに?

そもそも角質というものには、お肌の一番外側で、体の中に異物が入らないようにしたり、水分を保持したりする役割があります。
悪いものではないどころか、むしろ人の体になくてはならないもの。

ただし、ずっと同じ角質が、外側で異物を防いだりしているのではなく、肌は細胞分裂して、内側から外側へだんだん移動していき、外側まで移動したら、最後は垢となってはがれ落ちます。
この一連の流れが、肌のターンオーバーと言われているものです。

このターンオーバーが乱れると、本来は垢となってはがれ落ちるはずが、いつまでも外側に居続けてしまう、これが「余分な角質」と言われて嫌わているアイツ。
いらないアイツが、ずっと肌の上にたまっているので、肌がごわついたり、黒くくすんで見えてしまうのです。

このいらない部分だけを取り除くのが正しい角質ケアであり、なんでもいいから角質を取ればいい、というものではありません。
肌がごわつくから、と、やみくもに取ろうとしてはダメですよ。
 

冬に角質がたまる理由のひとつは、「血行不良」

さて、この角質、冬にたまりやすくなる理由のひとつは、血行不良。

お肌の細胞に酸素や栄養を運んでいるのは血液なので、寒さで血の巡りが悪くなると、細胞に栄養が届きにくくなります。

栄養が届かないということは、肌の細胞は「お腹すいた~」と動きが鈍り、細胞分裂しなくなって、その結果、いつまでも古くていらない角質が外側に居座ってしまう。
・・・というイメージをしていただくと、わかりやすいかと思います。

ちなみに、血液が肌に行きにくくなるということは、

お顔の血色が悪く見える(肌に赤みがささない)= 顔が黒くくすんで見える

ということでもありますので、たとえ角質がたまっていなくても、お顔は黒くなります。
角質ケアとくすみケア、ふたつの意味でも、血行不良を改善することは大事です。

角質がたまってから取り除くのではなく、血行不良を改善して、そもそも余分な角質が溜まらない肌を作りましょう。
 

血行不良の改善におすすめなのは「お灸」

血行をよくするのにおすすめなのが、お灸。
血行不良だけでなく、冷え性も、足のむくみも、血行不良も、首・肩のコリも、これひとつでまとめてケアできますよ。

参考記事
⇒ 冷え性改善・むくみ解消!お灸女子のススメ

実はネットで買えるというお手軽さです。
⇒ お灸ってどこで買えるんですか?

使い方も、火をつけてお肌に貼って放っておくだけ、という簡単さ。
⇒ だれでも簡単にできるお灸の使い方
 

スマホを見ながらでもできる、足のむくみを解消するセルフケア法1
 

セルフケアがめんどくさくて、という方は、美容鍼灸で血流改善してしまいましょう。
鍼とお灸を使って、首・肩・背中・頭・お顔、と広範囲をケアする『フェイス&ショルダーコース』なら、お顔とお体の両方の血流改善が同時にできますよ。

寒さが厳しくなる前に、血の巡りのいい肌を手に入れませんか?
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
冬の角質ケアには○○の改善が大事!肌のくすみ・ごわつきの原因、角質を溜めない方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る