べたつかないのにしっかり保湿するなら米肌のスキンケア
 

今年の夏は、やたらと雨が多くて「ほんとに夏ですか?」という天候ですね。
雨が多いせいか、例年以上に湿度が高くてジメジメして気持ち悪い!

せめて、スキンケアぐらいは、さっぱり系のものを使ってべたつきを感じないようにしたい・・・
と、思いたくなるところですが、アラフォー以上の方がさっぱり感を重視してしまうと、たとえ夏でも、肌は乾燥してしまいます。
(個人差がありますので、当然アラフォー未満でも乾燥する人もいますよ。)

湿度の高さだけでお手入れ方法を決めてしまうと、肌は知らず知らずのうちに乾燥していき、秋になったときに肌の老化がガクンと進むということも起こりえますので、湿度に惑わされず、自分の肌をよく観察してみましょう。
 

米肌のスキンケアは、しっとりするけれど、べたつきは少なめ

かくいう私も、乾燥しやすい肌であり、たとえ夏でも、ある程度保湿をしないと肌の触り心地が違ってくるので、米肌のスキンケアラインを使用しています。
 

サラッと軽いつけ心地で美肌になれる『澄肌CCクリーム』2
 

米肌の化粧水の保湿力は以前から知っていたのですが、たっぷり重ねてつけなくても肌がしっとり・ふっくらするこの感じがすごく好み。

化粧水の後に使うジェルクリームも、クリームというよりもほぼジェルという軽さなので、スキンケアでベタベタするのがイヤ、という方に、ぜひ使ってみていただきたい一品です。

クリーム好きな私はついつい多めに使ってしまうのですが、それでも全然重たく感じません。

せっけんだと、朝、泡立てるのが面倒でしょ、という気遣いのもとに発売された洗顔クリームも、速攻でもっちり泡が作れるのでかなり重宝しております。
しかも、炭が含まれているので、皮脂や黒ずみを吸着してくれて明るい肌を目指せます。
 

汗を止めてしっかりとスキンケアを

お風呂上りに汗がひかなくて化粧水をなじませられない、という場合は、首の後ろやわきの下など、太い血管を冷やすと効率よく汗を止めることができます。
また、冷えるのがイヤと我慢せずに適度にエアコンを使ってお部屋の温度も下げておきましょう。

その状態で化粧水を使ったときに肌によく浸透するなら、それは水分不足ということですので、夏でもしっかりした保湿が必要です。
汗とまざってなじませられないから、と、ケアをおざなりにしてしまうことは、乾燥を助長することになりますのでくれぐれも油断しないでくださいね。
 

米肌(MAIHADA) 肌潤化粧水

米肌(MAIHADA) 肌潤クリーム コーセー KOSE

米肌(MAIHADA)、肌潤洗顔クリーム、120g

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸ワークショップ

WEBメディア掲載コラム

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村