女をずっと悩ませる、毛穴問題の解決策
 

若いころは鼻の毛穴が気になって、ある程度歳を重ねると、それに加えて今度は頬の毛穴も気になる…

女の人生で悩まされなかったことはないんじゃないかというくらい、どの年代でも、肌のお悩みの上位に入ってくる「毛穴」。

場所によって毛穴が目立つ理由も違えば、お手入れ方法も違うため、間違ったお手入をしてしまうとかえって毛穴が開く、ということもあるのですが、みなさま、きちんとしたケアはできていますか?
 

鼻の毛穴のケア方法

10代~20代の方がとくに気にする毛穴といえば、鼻の毛穴の開きや黒ずみ。

毛穴の大きさは遺伝なども関係してくるため、毛穴の開きが気になる人が、ケアをすることで小さくなるかというと必ずしも改善できるわけではありません。

しかし、角栓がつまって黒く目立つ毛穴、いわゆる「詰まり毛穴」なら、毎日の洗顔できちんと汚れを落せば目立たなくなります。
角栓は、皮脂とたんぱく質である角質が混ざりあっているものなので、毎日の洗顔できちんと皮脂を落としつつ、角質を取り除くため、酵素洗顔を取り入れるのがおすすめです。

ただし、酵素洗顔は洗浄力が強めなので、週1回程度使用するのがいいと思います。

酵素洗顔はこちらがオススメです。

カネボウ(Kanebo) スイサイビューティクリアパウダーウォッシュ《0.4g×32個》


若いころはとくに、スキンケアと言えば「与えるケア」に重点を置いてしまいがちですが、きちんと不要なものを落とさなければ、いい成分も肌に入っていきにくくなり、効果が感じにくくなりますので、「落とすケア」にも気を使ってみてください。

なお、毛穴は何も詰まっていなくてもへこんでいるために黒く見えるもの。

「黒ずみが気になる」と思っていても、角栓が詰まっていないのであれば、過度の洗顔で、かえって肌を痛めてしまうこともありますので、
ご自身の毛穴の状態をよーく観察しつつケアしてくださいね。
 

頬の毛穴のケア方法

早ければ20代後半くらいから気になってくるのが頬の毛穴の開き。
毛穴がしずくの形になって目立ってくる「たるみ毛穴」ですね。

たるみ毛穴の原因は、その名のとおり「たるみ」です。
コラーゲンやエラスチンが減少して、肌のハリや弾力がなくなることで起こります。

こちらのケア方法は、肌を支えているコラーゲンやエラスチンを増やすこと。

コラーゲンやエラスチンを増やすセルフケア方法はこちら
⇒ 老け顔の原因!お顔のたるみの改善法

スキンケアでたるみを防ぐなら、コラーゲンを増やす作用のあるレチノール配合のものがおすすめです。

また、ピーリングも、肌表面の余分な角質が取れることで、肌が活性化されたと肌の奥の真皮が認識して、コラーゲンを生成してくれるそうですので、こちらもたるみ毛穴に効果的。

たるみは、いきなりガクンとたるむというより、「昔と違う・・・ような気がする」と、徐々に進行していくものなので、たるんでからなんとかするのではなく、日頃から、たるまない・たるませない生活を心がけましょう。
 

頬のたるみ毛穴には、美容鍼がオススメ

たるみの改善に定評のある美容鍼。

受けてくださる方が、
「ファンデーションのノリが良くなった」
「毛穴にファンデーションが落ちなくなった」
というご感想をくださるように、頬のたるみ毛穴にも効果を感じやすいです。

もちろん、頬だけでなく、お顔全体のたるみにも効果があるのでエイジングケアとして非常におすすめ。

普段のセルフケアに美容鍼の施術をプラスαして、毛穴レスの肌を目指しましょう!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で