恐怖!保湿のつもりがかえって乾燥する間違ったお手入れ法
 

乾燥が気になるから、
冬は毎日、コットンパックや
シートマスクをしています、
という方、

もしかしたらそのパック、
かえって肌の水分を
取ってしまっているかも
しれないのですが、

正しいパックのしかた、
ご存じですか?
 

コットンパックの正しい使い方

あなたがコットンパックをするとき、
どのくらい化粧水を使っていますか?

コットンパックをするときは、
コットンに化粧水や美容液を
隅々までまんべんなく
行きわたらせてからパックしましょう。

水は、水分が多い方から
少ない方に移動するため、

化粧水の量が足りなかったり、
コットンに乾いている部分があると、
コットンにお肌の水分を
取られてしまうのです!

化粧水をケチっていると、
しっとりさせるどころか
逆にお肌の乾燥を進めてしまうので
気をつけましょう。

そうはいっても、
そんな多く使えない!という場合は、
先にコットンを水で濡らしてから
化粧水を行きわたらせれば
節約できますよ。
 

シートマスクの正しい使い方

1シートずつ包装されている
シートマスク。
美容液がたっぷり入っているものなら
マスクにお肌の水分を
取られることはありません。

しかし、長時間使っていると
シートが乾燥してきて、
やはりお肌の水分が取られてしまうので、
パッケージに書かれている
使用時間は守りましょう。

また、コットンパックも同じ理由から、
長時間の使用は避けたほうがいいです。
使うのは10分程度までに
しておきましょう。
 

ついうっかりが、乾燥をまねく原因に

コットンパックやシートマスクは、
手軽に使えて、
使っている間に他のことができる点で
すごく効率がいいのですが、
時間を忘れて
長時間そのままにしてしまいがち。

「ついうっかり」が、
乾燥をまねく原因になりかねませんので、
使用時間には気をつけてくださいね。

乾燥は、肌を一気に老けさせますから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で