コラーゲンを取るのは○○のときが効果的

コラーゲンを取るのは傷があるときが効果的
 

お肌のハリや弾力を
生み出してくれるコラーゲン。

コラーゲンドリンクや
サプリメント、
はたまたコラーゲン鍋など、
いろいろなところで
お目見えしますよね。

しかし、このコラーゲン、
食べたり飲んだりしたからといって
それが肌にそのまま
届くわけではありません。
 

摂取したコラーゲンは、体内で
アミノ酸(たんぱく質の一番小さい単位)
に分解されます。

そして、分解されたアミノ酸は、
体の中のアミノ酸(=たんぱく質)が
足りていない部分に使われるのですが、

骨や筋肉、肌など、人の体は
たんぱく質でできているため、

骨や内臓など、
生きるために必要不可欠な部分に
たんぱく質が足りていなかった場合、
肌よりも先に
そちらに使われてしまうのです。

コラーゲンを取っても
肌に効果がある感じがしない理由は
こういうこと。

内臓も肌も、
同じたんぱく質からできているので
体が健康でないと、
やはり肌も美しくならないのです。
 

しかし、逆に言えば、
傷ついたときにコラーゲンを取ると
そこにコラーゲンが多くできる
ので、

人為的にちょっぴり
傷をつける美容鍼灸は、
コラーゲン生成に効果的
ということになります。

というわけで、美容鍼のあとは、
ぜひコラーゲンをお召し上がりください。

もちろん、傷を早く治したいときも
積極的に摂ることをオススメします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
コラーゲンを取るのは傷があるときが効果的

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る