180301-そのスキンケア、実は逆効果かもしれません
 

あなたがいつも使っているスキンケアコスメは何ですか?

クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、美容液、クリーム…と、いろいろなアイテムを使っているのでは?

しかし、いいと思ってやっているそのお手入れ、実は肌の老化を進めているかもしれませんよ。
 

皮膚の一番外側の角質層、これは、厚さが0.02mm程度ととても薄く、摩擦をかけると防衛反応で厚く固くなってしまいます。

化粧水を浸透させたいがために叩いたりこすったりして刺激を与えてしまうと、しっとりモチモチの肌にするつもりが、反対に、キメの荒いゴワゴワ肌になってしまうのです。

また、たるみを解消しようと強くマッサージをすることで、肌の奥の真皮層にある肌のハリを保つためのコラーゲンやエラスチンが切れてしまい、これもまた逆に、顔のたるみの原因になってしまいます。

いいと思ってやっていたことが、実はお悩みをより深くしてしまっている…
もしかしたら、あなたのお顔でもそんなことが起こっているかもしれません。
 

肌がキレイな人に普段のお手入れ方法を聞いてみると、シンプルなお手入れしかしていない、というケースもあります。
スキンケアの際には肌に触る回数は極力減らして、何度も重ね塗りをしなくていいように、自分の肌質にあった化粧品を選びましょう。

また、歳を重ねるにつれて肌質は変わってくるので、年齢にあわせて、スキンケアコスメを変えることも大切です。
使用感が好きだから、と昔と同じ化粧品を使っていたら、実は肌の内側が乾燥していて老化が進んでしまっていた、なんてことも起こりえます。

最近は、オイルやクリームなどもかなり進化しているので、今の年齢にあったアイテムも探しやすいと思いますよ。
 

摩擦が少ない方法でコラーゲンやエラスチンを生成したるみを解消するには、美容鍼灸がおすすめ。

ダメージを受けている真皮層を直接刺激して、細胞を活性化し、コラーゲンやエラスチンを生成することができますので、美肌ケアの候補のひとつに入れてみてはいかがでしょう?
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸ワークショップ

WEBメディア掲載コラム

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村