大豆を食べてもアンチエイジング効果が出ない人がいるってホント?
 

アンチエイジングに必須の
女性ホルモン「エストロゲン」。

若さや美しさを維持したり、
更年期障害や骨粗しょう症を
予防してくれるのですが、

このエストロゲン、
老化とともに減っていくので、
エストロゲンに似た作用を持つ
大豆イソフラボンなどを摂取して
補充していかなくては
いけません。

参考記事
→ 女性ホルモンのバランスを整える超簡単な2つの方法
 

ですが、実は
ひとつ問題があるんです。

それは、
大豆イソフラボンの摂取を続けても
効果を感じやすい人と
そうでない人がいるということ。
 

なぜ、そんな違いが現れるの?

実は、女性ホルモンに似た
作用を持つのは、
大豆イソフラボンではなく
大豆イソフラボンから作られる
「エクオール」という物質。

このエクオールを
作ることができる人と
作ることができない人が
いるからなんです。

エクオールを
作れるかどうかの違いは、
腸内に、
「エクオールを生み出せる菌」が
いるかどうかなのですが、

なんと、作れる人は
日本人の半分なんだとか。
 

エクオールを作れる人

エクオールを作れる人は、

◎ 普段から緑茶を多く飲んでいる

◎  大豆食品を毎日食べている

◎  タバコを吸わない

◎  野菜中心の食生活

◎  魚油(オメガ3系脂質)を多く摂取している

上記に当てはまる人が
多いのだそうです。

エクオールは、腸内細菌が
作ってくれるものなので、
腸内環境を整えて、
大豆食品や野菜を多く
摂取すると良いですよ。

腸内細菌は、日々のストレスや
睡眠、運動量にも影響を受けるので、
規則正しい生活というのも
やはり大事です。
 

エクオールを作れない人

反対に、
エクオールを作れない人には
こんな特徴があります。

◎  乳製品の摂取量が多い

◎  魚よりも肉が中心の食事

また、若い人ほど
エクオールを作れない人が多いと
言われています。
 

自分がエクオールを作れるかどうか調べる方法

エクオールを作れるか作れないかの
チェックをするための
検査キットがあるので、
自分がどちらなのか、
調べてみるのも面白そうですね。

調べた結果、
たとえエクオールが作れなくても、
エクオールのサプリメントが
売っているので、
サプリメントから摂取することができます。

また、大豆イソフラボンには
骨粗しょう症や生活習慣病を
防ぐ効果もあるので、

エクオールが作れなかったとしても
大豆製品は積極的に
摂取することをおすすめします。
 

女性の健康を応援する / エクオール検査「ソイチェック」

大塚製薬 エクエル 112粒

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸ワークショップ

WEBメディア掲載コラム

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村