鍼って痛いの?2
 

美容鍼灸のサロンをやってます、
といっても、
ずっと施術をしているだけ
というわけではなく、
事務作業もたくさんあります。
 

それは、この仕事を始めたときの、

鍼灸師の免許の申請書類の提出や、
病院の診断書をもらってきたり、
出張施術業務開始届の提出、
医療廃棄物の業者さんの選定・契約、
賠償責任保険の加入手続き、

など、盛りだくさんの
諸々の手続きに追われたときから
いまでもずっとの話。

案外、OLさん並みに
PCに向かわなきゃいけない日も
あったりするのですが、

ただ机に向かって、PC作業や
書類の記入をしているのも
もったいないなーと思い、
はりを刺しながら作業をしております。
 

美容鍼灸は
メイクしたままで施術ができるので、

そのとき気になっている
コリをゆるめてみたり、

たるみの防止をしてみたり、

出かける前に
顔色を明るくするために刺したりと、

いろんな用途で自分自身に
施術をしています。
 

もちろん、お客様への施術のときも
メイクは落としませんので、
「帰るときって、まさかスッピン?」
と心配された方はご安心ください。

ただ、はりを刺す部分を消毒で拭くため
部分的に、ファンデーションが
少し落ちることはあります。

ご来店いただくお客様は
これなら直さなくて平気、と
メイク直しはしていらっしゃらないのですが、

もし気になる方は
職場でメイク直しをするときに使うのと
同じ程度のコスメを
お持ちいただければと思います。

*

ところで、
冒頭で書いた病院の診断書。
これって何に使うかわかりますか?

クスリやってません!
精神面の問題ありません!

という証明用です。笑

鍼灸師も医療従事者に該当するので、
こういった面は意外と厳しいんですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸体験講座・お灸のワークショップ

WEBメディア掲載コラム

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村