鍼灸の「はり」は『使い捨て』です
 

見たことがない人は、注射針をイメージしてしまう鍼灸のはり。

太さも形も注射とは全然違いますが、唯一同じなのが、使い捨てである、ということ。
こんな風に1本ずつ包装され、滅菌されているので、衛生的かつ安全です。

刺すときに包装から出して、使ったものは医療廃棄物として処分します。
医療廃棄物なので、廃棄BOXにはバイオハザードマークもついており、専用の業者さんに運んでもらうという徹底した取り扱いをしています。

というわけで、当然のことではありますが、衛生面もきちんとしていますのでご安心ください。
 

ちなみに、鍼灸ってお年寄りが受ける地味なもの、というイメージをお持ちの方もいますが、当サロンで使っている鍼はこんなにカラフルなものです。

はりの太さも、髪の毛や蚊の刺し口程度なので、さすがに「まったくの無痛」というわけにはいきませんが、注射のような痛みはありません。

注射針とは、こんなに違います。
⇒ 美容鍼灸の「鍼」は、「注射針」じゃないですよ!

痛みに関しても安心して施術を受けてくださいね。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で