息をするだけでも老化するって知ってましたか?
 

老化の5つの原因のうちのひとつ、
「酸化」。

参考記事
→ こんなものでも老化が進むの?老化を早める5つの原因
 

クギがだんだん錆びるように、

りんごの切り口が
時間がたつと茶色くなるように、

酸素によって物質が
酸化する≒錆びる
ことを言いますが、

人の体の細胞も
りんごと同じく酸化します。

なぜなら人は、呼吸をして、
酸素を体内に取り入れているから。

実は生まれた瞬間から
老化が始まっている
のです。

取り入れた酸素の約2%が
強い酸化作用を持つ
活性酸素に変わるといわれています。

この活性酸素が大量に発生すると、
細胞を傷つけて
老化を引き起こしてしまうのです。

活性酸素はシミやシワなど
肌の老化のほかにも、

がん細胞の発生にも関わったり、
LDL(悪玉)コレステロールを酸化させ、
動脈硬化を加速させて
血管の老化も促進します。

美容においてだけでなく、
健康面でも注意しないといけない
ものであるということですね。
 

活性酸素が生み出される原因

活性酸素が生み出される原因は、

◇ 激しい運動

◇ 紫外線

◇ 過労

◇ ストレス

◇ 喫煙

◇ 大気汚染

など、さまざま。

他にも、酸化した油
(すっとコンビニに置かれていた
揚げ物などですね)を
食べることでも生み出されます。
 

酸化は防げます

息をするだけで
酸化するんじゃ防ぎようがない!
と思ってしまうところですが、
実は酸化を防ぐ方法はあるんです。

上記の原因を取り除くことは
もちろん酸化を防ぐことになりますし、

他にも酸化を防ぐ食品を摂ることでも
活性酸素を抑えることができますよ。

詳しい方法はこちらをご覧くださいませ。

→ 老化の原因、活性酸素を減らす方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で