ニューエリート
 

読みながら付箋を貼っていったら、貼りりすぎて、本のはじっこが付箋の厚みで盛り上がってしまいました(笑)

『ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち』

ちなみにこの本、先日アップされたDRESSのコラムでも紹介しています。
⇒ 常識にとらわれない。これからの働き方を考えるのにおすすめな本
 

ニューエリート グーグル流・新しい価値を生み出し世界を変える人たち


これからの生き方・働き方について書かれている本なのですが、前半はすべての人に、第4章以降は、特に経営者とか管理職とか人事とか、会社の組織に関わる人に読んでもらって、実行してもらいたいことが山ほど書かれています。

この手の本をよく読む人は知っているようなことも書いてあるので、「こういうの、読んだことある」と思う人もいると思います。
でも、一番肝心なのは、「で?それ、実際にやったの?」ということ。

実際に仕事で取り入れようとすると、一個人ではなかなか難しい部分もありますが、

◎ 心理的安全性を確保して、思考の多様性を受け入れる

◎ チームメンバーの価値観を聞き出す

◎ クリエイティブな仕事ができる「場づくり」

こういうことができれば、どんな会社でも、社内の環境や雰囲気は変わってくるのではないでしょうか?

これは、うまく社長に説明して、ぜひとも会社で実践してみたい!
実際にやってみたら、会社は・中の人たちは、どう変わるんだろう?

と、想像するだけでもすごく面白そう!

そして、その妄想を現実にすべく、サロンの仕事で蓄積された知識と経験とスキルを会社の仕事に応用して、徐々に実績を積み重ねていっているところです。(※私はサロン経営×会社勤め、両方やってます。)

業種も違えば、組織の形態も違う(株式会社と個人事業)けれど、それ故に、「そんな視点はなかった」ということも多々あって、それが会社のほうで思いのほか役に立っています。

しかも、個人でやるのとは規模が違うので、やったことに対する反響の大きさも違って、
「これって、こんなに効果的なことだったんだ。サロンのほうでやったときは、たいして反応がなかったのに(涙)」
と、私にとっても新たな発見が目白押しです。

・・・という相乗効果が得られるので、
「副業をしたいという人には、大いにやってもらうのがいいと思いますよ」
と、会社の偉い方たちに、声を大にして言いたいです(笑)
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Cosmetic Muse

Cosmetic Museは、いくつになってもキレイでいたいアラサー・アラフォー女子向けの、
◆ 美容鍼灸施術・体験講座・ワークショップの提供
◆ 女性向けWEBメディアで執筆する美容コラム
にて、大人女子の美容生活を提案しています。

美容鍼灸出張施術

美容鍼灸ワークショップ

WEBメディア掲載コラム

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村