夏だって肌は乾燥しています!2
 

知らないうちに梅雨が終わってしまい、
毎日30度を超える暑さの日々。

寝起きやお風呂あがりは汗だくで、
スキンケアがおざなりに
なっていませんか?

汗をかいているせいで、一見、
肌はしっとりしているように感じますが、
実は内側は乾燥している、
ということもありますので

暑いからといって手を抜かずに
しっかりとお手入れしましょう。
 

まずは邪魔な汗を止める

さて、そのお手入れ方法、
しっかりやりたいとはいえ、
実際は汗だくで
化粧水やクリームをなじませられない、
ということもあるのでは?

暑くて顔の汗が引かないという方は、
首の後ろを冷やしてみてください。
太い血管を冷やすと
汗が引きやすくなりますよ。
 

1.最強の保湿成分『セラミド』を補う

汗をひかせたらしっかりお手入れ、
・・・といきたいところですが、

今度は、
「べたつくから
夏はあまりいろいろ塗りたくない」
というお悩みが出てくる方も
いるのではないでしょうか?

最小限のお手入れで、
最大限の保湿効果を得るなら、
セラミドを補いましょう。

セラミドは、肌の水分をはさみこんで
蒸発させないようにしてくれる、
最強の保湿成分。

スキンケアコスメで補うなら、
とくに保水力に優れているといわれている
セラミド1・セラミド2・セラミド3の
いずれかが配合されているものを
選びましょう。

セラミド入りのスキンケアを使えば、
シンプルなお手入れでも
保湿効果が期待できます。

セラミドが配合されていて
なおかつオールインワンという、
おすすめのお手軽スキンケアはこちら。


2.食事からうるおい補給

暑さでお手入れそのものが
面倒になってしまう方は、
食事からうるおい補給をしましょう。

水分保持のために摂るべき栄養素は、
皮膚の健康を維持してくれる
ビタミンA。

緑黄色野菜や海藻、レバーやウナギに
多く含まれています。

ただし、ビタミンAは脂溶性で
体内に蓄積されますので、
肌にいいからといって
サプリメントで大量に摂取するのは
控えましょう。

また、血行不良を改善することも
乾燥予防になりますので、
鉄分やビタミンEをとって、
寒いオフィスの空調に対抗しましょう。

鉄分は、レバーや貝、
青のりや小松菜に多く含まれ、

ビタミンEは、緑黄色野菜や
モロヘイヤ、イクラなどの魚卵類や
ツナのオイル漬けにも含まれています。

参考記事
→ 冷えを解消する栄養素、それは手抜き料理に欠かせない○○○に入っていた!
 

夏だって肌は乾燥しています!3
 

3.みずからうるおう肌を作る

面倒な夏のスキンケア。

最後の手段は、
さほどお手入れをしなくても
うるおいを生み出せる肌に
してしまうこと。

美容鍼なら、細胞を活性化させて、
うるおいやハリの元である
コラーゲンやエラスチンを
生成できるので、
みずからうるおいを生み出す肌に
変えていくことができますよ。

夏の終わりに
いいお肌状態を維持できるよう、
ぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆Cosmetic Muse◆


美肌・小顔・リフトアップを叶える【美容鍼灸サロン コスメティックミューズ】

◆所在地
東京都港区六本木7-18-5 ソフィア六本木311

◆最寄駅
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅 徒歩3分

◆営業時間
平日/12:00-21:00(最終受付/20:00)
土日祝日/11:00-19:00(最終受付/18:00)

◆定休日:不定休

◆ご予約はこちら
24時間、いつでも即時予約が可能です
クービック予約システムから予約する

コース・料金
※強引な勧誘などはございませんのでご安心ください。

ご来店いただいたお客様のご感想


LINEではお得なクーポンなどを配信中!
お気軽にお友だち登録してください。

友だち追加


にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村