その第一声があの人の本心
 

以前、会社でこんな場面に遭遇したことがあります。

「新入社員のA子が、会社の近くに引っ越した」

という話を聞いたときの、周囲の反応。

B子:
「朝ギリギリまで寝てられるなんてうらやましい」

C子:
「いいなぁ。新入社員なのに引越しできるお金があって」

D子:
「なに?彼氏と同棲でもしたの?」

同じ引っ越しの話題なのに、フォーカスする部分が全員違うのです。
 

同じことでも三者三様の反応になる理由

これが何を意味するかというと、
その人が自分の価値観の中で重きを置いていたり、不満を感じている部分がとっさに出てきた
ということ。

B子は自宅が遠く、片道の通勤時間が2時間近くかかっているので、そのことが不満。

C子の口癖は「お金がない」。
だから、今回の第一声も「お金があってうらやましい」。

D子にいたっては、いつも「彼氏なんていらない」と言っているけれど、すぐに『同棲』という発想をしたところをみると、「ほんとは彼氏が欲しいんでしょ?」と思わざるを得ません(笑)

こういう姿を見ると、

「とっさの反応って、人の本音が出るんだなぁ」

と、つくづく感じます。
 

戦略的に立ち回るのが大人の女の処世術

周りの人達が、普段、何に対してどういう反応をするのかをよく観察して、知っておき、

ここぞというときにうまくおだててのせられるように、

いざというときに地雷を踏まないように、

賢く戦略的に立ち回るのが、仕事もプライベートも円滑に進めていくための大人の女の処世術。

また、自分が普段、何に対してどういう反応をしているのかを客観的に見てみると、自分が本当に大事にしているものや譲れないことがわかってきて、人生におけるさまざまな選択もしやすくなるというもの。

あの人のことがわからない、
自分のことがわからない、

そんなときは、その人が・自分が、よく発する言葉を思い出してみるとわかるのかもしれません。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で