そこそこ美容に力を入れている人こそ、自分が劣化していると思え!
 

私の頬のたるみがなくなりません・・・

美容鍼でフェイスラインはスッキリするものの、「ここのお肉がね!」という一番憎たらしい口の横の部分のお肉が、どうにももったりしっぱなし。

これのせいで、ものすごく老けて見えるので、早急になんとかしなくてはいけないと思っています。

おまけに、このお肉は、重力で下へ下へと引っ張られているため、顔全体の毛穴もひっぱって毛穴を目立たせる原因にもなっている厄介者。

おそらくこれは、たるみというよりただの余分な脂肪なので、ここからは、「アンチエイジング」ではなく「ダイエット」だろうと踏んで、ちょっとずつ体重を落とそうとしているのですが・・・

美容鍼の小顔効果で、しばしば「痩せた?」と聞かれるせいで調子にのってしまい、ダイエットも遅々として進まないのが目下の悩み。
お世辞なんだから騙されちゃダメ、と思いつつ、素直に受けとってしまう自分が憎いです(笑)
 

「まだまだいける!」そう思っているのは自分だけ

私がこうも自分の顔のダメな部分について現実的に直視している理由。

それは、美容の仕事をしているからというのもありますが、ある程度の年齢になってきて、なおかつ、今までそれなりに美容に気をつけてきた人の場合、自分が思っている以上に自分の顔を厳しくジャッジしないと、

「私はまだまだいける!」

そう思っているのは自分だけ、という道化になりかねないから。

たまにいませんか?

あなた、なんだか自信満々みたいですけど・・・
たしかに実年齢より若く見えるけど、自分で思っているほどそこまで若く見えるわけではないよ?
という、キレイなんだけど・・・な方。

美容を意識して生きてきたがゆえに、人から、若いとか、キレイだとか、美意識が高いとか褒められる機会が多く、つい「私はまだ大丈夫なんだ」と思いがち。

この褒め言葉は、1割は本当で、9割はお世辞、と肝に銘じておきましょう。
 

「芸能人の○○、老けたねー!」、それはあなたも同じこと

さて、その「厳しくジャッジ」のひとつの方法ですが、自分の昔の写真と現在の写真を持ち出してきて、

「芸能人の○○、久しぶりにテレビで見たけど老けたねー!しばらく見ないうちに劣化したよね!」

という酷評を、自分自身に対してやってみるなんていかがでしょうか。

仕事で美を意識しなければならない「芸能人の○○」でさえ劣化した部分というのは、すなわち、素人の自分も、同様に劣化しているであろう部分なので、

「私のこの部分は、昔と比較してどうだろう?」

と、チェックするべきポイントがつかみやすくなります。

そして、そういう部分は、過去の自分と比べても実際に劣化しているものです。

鏡ではなく、写真で比較することで、より第三者目線で見られるので、芸能人の○○を評価するがごとく自分自身の顔と向き合えます。
また、その写真も、自撮りではなく誰かに撮ってもらった写真だと、他人が見ている自分の真実が写し出されているので効果的です。

写真写りが悪いのではなく、実物のレベルがその程度という、認めたくない事実も、ついでに浮き彫りにされるかもしれません。
 

まだまだキレイでいたいなら厳しい目が必要

人は、他人には厳しく、自分には甘くなりがち。
しかも、それが今までずっと褒められてきた部分ならなおのこと。

他人目線の厳しい目。
これなくしては、大人の女がイタい人と思われずに美容に力を入れることはできません。

だからこそ、まったく自分と関係ない第三者になりきって、初対面かというくらいに客観的に冷静に、自分の顔を見る必要があるのです。

そうしないと、
「○○さんて、しばらく見ないうちに劣化したよね!」
と言われる側になってしまいますので。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

◆Cosmetic Muse◆


美肌・小顔・リフトアップを叶える【美容鍼灸サロン コスメティックミューズ】

◆所在地
東京都港区六本木7-18-5 ソフィア六本木311

◆最寄駅
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅 徒歩3分

◆営業時間
平日/12:00-21:00(最終受付/20:00)
土日祝日/11:00-19:00(最終受付/18:00)

◆定休日:不定休

◆ご予約はこちら
24時間、いつでも即時予約が可能です
クービック予約システムから予約する

コース・料金
※強引な勧誘などはございませんのでご安心ください。

ご来店いただいたお客様のご感想


LINEではお得なクーポンなどを配信中!
お気軽にお友だち登録してください。

友だち追加


にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村