言葉の美女力
 

以前、職場のお隣の部署にいた
アラフォー女性。
綺麗な黒髪ストレートヘアの
メガネが知的な方。

人当たりも良く、仕事もできそうな
雰囲気を持った方だったのですが、
ある日、こんな言葉を発していました。

「~じゃねーかよ!」

この一言により、
この方に対する私の見る目が
ガラリと変わったことは
いうまでもありません。
 

つい使ってしまいそうな荒い言葉。
でもこれ、聞かされる側にとっては
かなり耳ざわりが悪いもの。

それはもう、
「印象が良くない」というよりも、
「不快」というレベルで。
 

そもそも、「女性が汚い言葉を
使うなんてどうなの?」
という一般論からはじまり、

外見が女性らしい人であればあるほど、
悪い意味での見た目とのギャップで
悪印象を与えるのは確実。

さらに大人が使うには致命的な、
年齢のわりに幼稚なボキャブラリー。

女子高生ならいざ知らず、
もうとっくに
「それ」は卒業しているはずの年齢なのでは?
と、周りの方が引いてしまいそうな言葉。

いい歳して、
会社というフォーマルな場所で
きちんとした言葉が使えないことも
大人の女としての品格を疑われます。

会社で「タメ口」という方も同様ですね。

その場所にはその場所なりの
言葉遣いがあるということを、
何年生きていてもわかっていないことを
露呈してしまっては、
仕事の評価にも影響してきかねません。
 

なによりも、

その年齢にそぐわない振る舞いは、
かえってその人の年齢ばかりを
助長させて見せる

ので、こういうときに
「いい歳して」とか
「これだからオバサンは」と
年齢を引き合いに出されてしまうのです。
 

一番困るのは、
そういう風に思うだけで
誰も指摘してくれないこと。

だから、当の本人は
いつまでもそんな言葉を発し続けて、
どんどん悪い印象を重ねていることに
永遠に気づかない。
 

「私という女」を形成するにあたって、
発する言葉の影響は絶大。

美人に見られるか、
オバサンにみられるか、

あなたの発する言葉はどちらですか?



◆Cosmetic Muse◆

~外見が、内面が、美しい人になる~
今よりもっと美しくなりたい女性のための美容鍼灸サロン


美容鍼灸サロン コスメティックミューズ
朝美活
美容コラム “大人の女の東京美容生活”
という3つのサービスで、
理想の美を手に入れたい女性を応援します。

◆所在地
東京都港区六本木7-18-5 ソフィア六本木311

◆最寄駅
東京メトロ日比谷線・都営大江戸線 六本木駅 徒歩3分

◆営業時間
平日/12:00-21:00(最終受付/20:00)
土日祝日/11:00-19:00(最終受付/18:00)

◆定休日:不定休

◆ご予約はこちら
クービック予約システムから予約する

@cosmeのアカウントをお持ちの方は
こちらからのご予約がオトクです♪
ispot ネットで予約する

コース・料金
※強引な勧誘などはございませんのでご安心ください。

ご来店いただいたお客様のご感想


LINEでは、ここだけの話やお得なクーポン、
六本木情報などを、ゆるめな感じで配信中!
お気軽にお友だち登録してください。

友だち追加


にほんブログ村 美容ブログ 美容鍼灸へ
にほんブログ村